株式会社松井建設は愛媛県松山市の工務店です。新築、リフォームの設計、施工及び土地、建物、不動産売買等承ります。


トップページ > 家づくり > ツーバイフォー工法
 
   ツーバイフォー工法
 

ツーバイフォー工法
天然の木が備えた癒し効果、断熱性、調湿性、
環境浄化能力を存分に引き出しながら、
しかも頑強な木の住まい。

木材の構造材の上に床、壁、天井の面を構成し、
空間をつくるため、隙間のできにくい構造です。
 
>>>施工事例はこちら
 
 
  木のやさしさ、たくましさに包まれて暮らす・・・
 
■ツーバイフォー住宅は 木の魅力に満ちた潤い豊かな住まいです。
    
自然素材ならではの心地よいやすらぎ感。
手に触れたときに感じる温もりや安心感。目をなごませる自然のやさしい造形美。木はわたしたちの心を癒してくれる、不思議な魅力を持つ素材です。

木は湿気をコントロールする、呼吸する素材。
木は、まわりの湿度が高いと湿気を吸い、逆に湿度が低く乾いていると水分を放出して湿度を上げるといった調湿作用で一年を通し快適な環境をもたらします。

鉄やコンクリートよりも優れた強度を発揮。
木材、鉄、コンクリートを比べてみると、木材は引張比強度で鉄の約3倍、さらに、圧縮比強度ではコンクリートの実に約12倍です。木材は優れた強度を持つ建築資材です。

木は、鉄の約350倍もの断熱性を発揮。
木の断熱性能は鉄の約350倍、そしてコンクリートの約10倍です。木材に触れたときに感じるやさしい温もりは、優れた断熱性の証しです。

木で住まいをつくることが地球環境保護に。
木は植林をし、大切に育てることで、50年〜80年の周期で再生産できる無限の資源です。また、木は育ち盛りの期間に最も多くの二酸化炭素を吸ってくれるので、伐採と植林を計画的に行うことで、森林を活性化でき、地球環境保護にもつながります。


   安心・安全を支える構造と性能
 

3枚貼り構法
耐久性…独自構法や金具を使い長寿命。
品質管理の行き届いたJAS認定工場で生産された構造用合板を用い、1階と2階の緊結力が断然強い独自の3枚貼り構法を採用しています。

そのため階高が高く、広い室内空間が確保できる特徴があります。また、端部は幅が広めの構造用合板を使い、コーナーをぴったりとおさめますので、気密性や耐震性にも優れています。


使用する釘や亜鉛鉄板や平金物などの金属類のひとつひとつに亜鉛メッキでコーティングし、サビに侵されにくい加工を施し、優れた耐久性を確保しています。

木材の大敵となる白蟻や腐朽菌処理対策に、土台(集成材)には加圧注入防腐坊蟻処理を施しています。
 
耐震性…ツーバイフォー工法は地震に強い。
外力を建物全体で受けとめ分散させる「モノコック構造」を採用しています。外部からの力を六面体で構成した床・壁・天井の各所に分散し、バランスよく吸収することで、住まいのねじれや倒壊、変形を防ぎます。さらに、高強度な構造用合板や集成材を使用していますので、地震の揺れに対しても、充分な強さが発揮できます。
 
耐火性…木は火に強い
断面の大きな木材は、火にあぶられると表面がこげて炭化層になり、火の進行をストップさせる特長があります。それに対し、鉄は燃えにくい反面、高温に弱く、550℃を越えると急速に柔らかくなって変形し、住宅の場合、骨組みが崩れ落ちてしまうことにもなりかねません。
 
ファイヤーストップ材住宅の火災では壁や床下、天井裏などの隙間が火の通り道になるケースが多く見られます。ツーバイフォー工法は、壁の要所に設けられたファイヤーストップ材が空気の流れを遮断し延焼を防ぎます。また、床根太、枠組材などが一定の間隔で組まれている床や壁の構造が、防火区画の役目となり、火の進行をさらに遅れさせます。

「省令準耐火構造」に認定されているため、火災保険についても一般の木造住宅に比べ、掛け金が約半分程度で済むメリットがあります。(注:一般木造仕様では、適用外になりますのでご注意ください)
 
耐風性…台風などの強風にも安心。
下がり壁住宅が強い横風を受けると壁に風圧がかかります。このとき天井面いっぱいまで開口部を設けていると、風圧を受ける壁が分断され、ひとつの面にかかる負担が大きくなってしまいます。
ツーバイフォー工法は、開口部に必ず「下がり壁」を設け、壁を連続した構造なので、風圧に対し壁全体で抵抗します。ひとつの面にかかる負担を軽くし、強風による壁の歪を抑えます。
 
あおり止め金物ツーバイフォー工法は、暴風による屋根の吹き上げに対しても「あおり止め金物」で万全の対策を施しています。
この金物の1個あたりの許容耐力は、風速70mの力(1,666N/170kgf)にもラクに耐えられる2,704N/276kgf。この「あおり止め金物」が屋根垂木を構造壁にガッチリと緊結し、暴風にあおられても吹き飛ばされないようにしっかりと屋根を守ります。
 
   高気密・高断熱のツーバイフォーの住まいだから、健康・快適・経済的に暮らせます。



高気密・高断熱のツーバイフォーの住まい鉄の約350倍の断熱性を持つ木材を構造材に、床、壁、天井の「面」によって空間をつくるツーバイフォー工法は、隙間ができにくい構造のため、在来木造住宅よりも高気密・高断熱化しやすく、充分な性能を発揮することができます。
しかも、独自の壁合板3枚貼り構造で、継ぎ目が少なく、継ぎ目には受け材を設け、よりいっそう気密性に優れ、経年変化にも対応した構造です。

←(図・左)在来木造住宅では、構造上、どうしても隙間が
  生じやすくなります。
←(図・右)ツーバイフォー工法は、隙間ができにくく
  高気密・高断熱化にぴったりです
 



                                                            



愛媛県松山市の工務店 株式会社松井建設 愛媛県松山市東石井6丁目3-11
   TEL:089-956-6433 0120-136-433 FAX:089-957-5317
南支店/体感工房  愛媛県松山市井門町74-1
TEL:089-957-1435 0120-373-433 FAX:089-957-8147
This site and pages are Copyright 2007.MATSUI KENSETSU COL TD.All Rights Reserved