HOME>木造ドミノ住宅

  
  木造ドミノ住宅とは・・・
  建物を四角形のシンプルな構造にすることで、建築資材を限定し、
  県産材をふんだんに利用した『質の良いリーズナブル』な家です。
 
  180角の大黒柱を使うことで、大空間を実現。
  ライフスタイルの変化に応じて、間仕切り・間取り変更が自由自在。
  *木造ドミノ住宅研究会 2007年度グッドデザイン賞受賞。

 ※木造ドミノ住宅が平成22年度(第1回)長期優良住宅先導事業に採択されました。(2010.6.11)
   >>国土交通省ホームページへ移動します。

 
 
 
 
 「木造ドミノ住宅」は、在来軸組の工法に耐力のある外周壁をバランスよく配置し、
 床の剛性を高めた、まったく新しい木の家。

 基礎コンクリート上に直接立てた大黒柱が上からの荷重を大地に逃がすなど、
 大地震にも耐える強度に加えて、高い断熱性能を備えています。

 そして、内部はワンルームに近い生活空間とすることによって、
 ライフスタイルに合わせて間取りも自在に変化しつづけられる真の長寿命のお家です。

構造と外皮:中はがらんどう、構造壁はありません。設備の配管配線スペースが確保されています。基本スペース:外壁で構造の安全性と断熱性能の確保をします。

基本スペースに家族の暮らしかたを合わせて、間仕切りと設備を追加します。
 
 
  
たとえば暑い夏は、窓を閉め切ってエアコンに頼るのではなく、外気を上手に取り入れて涼しく過ごすということ。

 また、寒い冬には、昼間の太陽のあたたかな陽射しを部屋の隅々にとどけ、地熱を利用するなどにより、
 暖房設備を多用しなくても心地よく暮らすということが大切です。

 ワンルーム空間を前提とした「木造ドミノ住宅」では、効率よく効果的な採光や風の通り道について十分考慮し、
 太陽の光や熱、風など、自然の力を出来る限り活用することによって、部屋間の温度差を極力少なくし、
 四季を通じて快適な生活を実現するとともに、環境や経済性にも一役。

 さらに高性能の断熱材を採用するなど、さまざまな創意工夫を盛り込んでいます。

  


 
 

 集成材ではなく無垢材を、しかも国産材を用いて質の高い木の家を。

 そんな理想の木の家づくりを支える仕組みの一つが「地域材の利用」です。
 わざわざ遠くから運びこむまでもなく、幸い近隣の山には森があり、良質の杉材があります。
 その土地の気候風土で育った木は、輸送コストが抑えられるだけでなく、建てた後も長年、風雪に耐える力を持ち、
 さらにその土地の職人はその土地の木の熟練者であります。
 すなわち「材と技の地産地消」ーそれは作業効率を上げ、
 少ない手間で「質の良いリーズナブル」を目指す木の家として一つの提言でもあります。

   

  ※メディア掲載情報はこちら>>


木造ドミノ住宅について詳細は以下のホームページをご覧ください。
相羽建設株式会社   半田雅俊設計事務所





メールでお問い合わせ ゼストファイルプレゼントお申し込み
 
このページの先頭へ

 ホーム   お問い合わせ    サイトマップ    体感工房ブログ
ZEST style design/house / 株式会社松井建設 愛媛県松山市東石井6丁目3-11
   0120-136-433 Tel:089-956-6433 Fax:089-957-5317
ZEST style design/house モデルルーム 愛媛県松山市井門町74-1 (株)松井建設南支店 体感工房内
   0120-373-433 Tel:089-957-1435 Fax:089-957-8147
Copyright(C) 2008 MATSUI KENSETSU Corporation.All Rights Reserved