スタッフブログBLOG

平成30年度 -ZEH- ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業について

2018.05.24/

ZEH(ゼッチ)とは?

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をおおむね「ゼロ」にする住宅を指します。

住宅における近年のエネルギー消費量の増加には、世帯数の増加や機器使用の増加などのライフスタイルの変化が大きく影響していると考えられており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。

そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。

※松井建設では2020年までに新築注文住宅のZEH対応50%を目指します。

ZEHの家を建てるには?

POINT1 省エネ

断熱性能、通風・採光性を向上してエネルギーロスを最小限に。(夏は涼しく、冬暖かい住宅)
また、消費する電力を減らすために、省エネ性の高い機器、照明を取り付けます。

POINT2 創エネ

家で消費するよりも多くのエネルギーを創るために、高効率の太陽光発電システムなどでたっぷりエネルギーを発電します。

+ 畜エネ

ゆくゆくは余ったエネルギーを蓄電へ。将来、電力会社から買う電力料金が上がり、自家発電した電力を電力会社に売る時の売電価格が下がると言われています。
電力は売るよりも自己消費したほうがメリットは大きくなります。

 

 

ZEHの必要性

住宅の断熱性能アップや太陽光の取り付け、高効率設備の採用により住宅ローン返済額は増加します。
しかし、断熱性能や節電、太陽光発電での効果で月々の水道光熱費は下がります。トータルで計算すると毎月の支払総額(暮らしのランニングコスト)はよりお得に!

松井建設は平成28年に「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)」についてZEHビルダーとして、登録されました。

SII(一般社団法人環境共創イニシアチブ)のホームページにZEHビルダーとして公表されています。

 

「ZEHビルダー登録制度」について
経済産業省はZEHビルダー登録制度を実施する旨を発表しました。
「ZEHビルダー」として申請・登録した会社が、設計・建築するZEH住宅のみを補助金対象とする予定です。

詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

BACK TO LIST
体験工房 ZEST-STYLE MATSUYAMA
すまいプラス
PAGE TOP